「テープ起こし」は、在宅の仕事としても人気が高い職業です。いったいどんな仕事内容なのでしょうか。実はあまり実態がつかめない職種でもあります。今日はそんな「テープ起こし」についてご紹介。

テープ起こしは、単純に言ってしまえば音声資料を全て文字に起こすという作業です。
会議の議事録、インタビュー音声、裁判音声資料、各種の講演、講座など、その内容は多岐にわたります。
パソコンが得意で打ち込みが早いから出来るかと言ったら、それは難しいでしょう。音声の種類に合わせて、正確な用語と漢字を使い分ける必要があります。正確さも要求されますので、難しい話しを聞くのが苦手だったり、飽きっぽい性格の方にはなかなかしんどい仕事です。ですから、ほとんどのテープ起こしの会社では大卒者を募集していますね。

しかし、この仕事はとってもやり甲斐があります。内容は専門的でとても勉強になりますし、自分の起こした資料が依頼主の役に立てるのだと実感できます。聞くだけでは難しい内容でも、文字になると頭にスッと入ってきますよね。
そういう思いを依頼主にも味わって欲しいし、資料として企業に役立ててもらいたい。

そんな優秀なライターさんが多数在籍する会社があります。期待を裏切らない仕事内容で、きっと皆さんのお役に立ちます。ぜひ一度ご依頼ください。

「テープ起こしといえばテープリライト」http://www.taperewrite.co.jp